English Translation[[Powered byAMIKAI]

Last updated -- 2001/Jan./11
このホームページは NEC MobileGear-II などの Windows-CE マシン上で Linux を動かすための Linux-VR プロジェクト 関連の情報を集めたページです。
Linux-VR プロジェクト は主に米国を中心として開発が進められていますが、 私も力及ばずながら開発の一翼(?)を担っております^^;)。
このページへのリンクはどうぞご自由に(熱烈歓迎です)。
ステータス
まだまだ開発者向けリリースであることは否めませんが、パワーマネージメント を除けば携帯端末として十分に使える状態になっていると思います。
(パワーマネージメントなしでも10〜20時間くらいは持つので、これでも 十分かもしれませんが。)
ただし原則的には、クロスコンパイル環境を構築して、カーネルソースを CVS ツリーから ダウンロードしてご自分の環境(マシン)用にコンパイルすることができないと 試してみることはできません。
そこで、このページには簡単に試してみることができるように、それぞれの 機種用のカーネルバイナリと、私の使っているユーザランドのスナップショットを 置くことにしました。
インストールしたり試用してみてフィードバックしてくれる人 熱烈歓迎します。
サポートされている機種
IBM WorkPad z50, NEC MobileGear-II R300/R320/R500/R510/R430/R530 は動作確認ずみです。 (私の手元には z50, R-300 しかありませんが...)
その他のマシンでも、linux/include/asm-mips/vr41xx-platdep.h を 書き換えれば対応できるはずです。(要カーネルのリコンパイル)
他の機種での動作確認情報をいただければオリジナルソースツリーに Commit させていただきます。
なにができるか?
PCMCIA カードデバイスが動作する!
湯浅さんのパッチのおかげで、かなり PCMCIA が使えるようになってきました。 私の手元では、Melco LPC2-T + CF カードという組み合わせで、Linux 母艦 のファイルシステムを /usr に NFS マウントして開発を進めています。 湯浅さん、本当にありがとうございます。
日本語の読み書きができる!
jfbterm + canna + (vim or jless) の組み合わせで日本語の読み書きができます。
canuum も動作しました。(2000/08/22)
w3m が動く!
Garbage Collector を含めて移植完了しました。ブックマーク機能など、perl を 必要とする機能も含めてフルセットで動作しています。(SSL 未対応)
X11 が動く!
まだ未公開ですが、X11 がぼちぼち動作を始めています。 MG2 のタッチパネルもサポートされています。
IBM Workpad Z50 のトラックポイントも動作しました。(2000/08/24)
MP3 を再生できる!(ふふふ、これは hpcmips にもまだできまいv^^;)
不肖私の書いたサウンドドライバとmpg123を使うことで、 MP3 のリアルタイム再生ができます。(MG2 のオーディオ回りは あまりまじめに設計されていないらしく、音質もあまりよくありません ので、ほとんど趣味の世界ですが...)
(ちなみに IBM WorkPad Z50 のスピーカーではなかなかの音質です。)

Linux-VR FAQ のページ
高野さんが Tiki ベースの Linux-VR FAQ ページを立ちあげて くださいました。 こちらからどうぞ。

タッチパネルI/Fの使い方
X や MGL2 などでタッチパネルを使う場合の tips です。
1) tpanel デバイスが必要なので、root で
        mknod /dev/tpanel c 10 11
   しておく。
2) タッチパネルのキャリブレーションをおこなうために、
        tpcal >/etc/pointercal
   を実行する。

KFPE(KernelFloatingPointEmulation)パッチ
xengine や xaos などのフローティング演算を多用するアプリケーションを 動作させると X11 サーバが異常終了してしまう問題を解決するパッチです。
2000/11/09 現在、Linux-VR カーネルCVSの最新ソースはまだ PCMCIA 回り が動作していないため、安定版カーネルソースの 000912版 に対するパッチとなっています。
CVS カーネルの PCMCIA 回りの問題がフィックスされ次第、CVS commit する 予定でいます。<-- commit しました。
こちらからどうぞ。

セルフコンパイル環境の構築方法
Linux-VR マシン上でのセルフコンパイル環境の構築に関する Tips を 書きました。
こちらからどうぞ。
いろいろと不足な点があると思いますので、フィードバックを お待ちしています。

Hard-Float ユーザランドのインストール方法
簡単ではありますが、Hard-Float に対応したインストール方法を書きました。
こちらからどうぞ。

linuxce-jp ML の過去ログ参照
みちむこさんのおかげで、linuxce-jp ML の過去ログを web ブラウザから参照できるようになりました。
こちらからどうぞ。

miniroot 2000/08/25版での既知の問題
他にありましたらレポートをお願いします。

-- 全面的に hard-float バイナリに移行します --
Kernel Floating Point Emulation が十分に安定しているようなので、 バイナリ類を全面的に Hard-Float に移行します。
Hard-Floatへ移行したため旧来の Soft-Float関連の情報を別ページに移動しました。
インストールガイドは こちら です。
うまくいった、いかないなどご意見をおまちしています。

Kernel Floating Emulation
ついに動き始めました。
今までの Linux-VR (というか linuxce)のバイナリは soft-float を前提に していました。つまり、Linux-VR 的な CPU には浮動小数点コプロセッサが 搭載されていないので、ユーザレベルのソフトウエアでそれを吸収して きました。
しかしながら伝統的な MIPS 系の CPU にはたいてい浮動小数点コプロセッサが 搭載されているので、それらのマシン用にコンパイルされたバイナリを使うこと はできませんでした。
これを解決するのが Kernel Floating Emulation です。
例えば...
ルートイメージを元にして、 ここ の RPM ファイルを追加していくことでユーザランドを RPM 的に構築していくことが できそうです。
もちろん、RPM だけではなく、Debian-Mips 的バイナリをそのまま使うこともできる と思います。
うーーん、ここ二か月間くらいユーザランドの構築に苦労してきたせいもあって むちゃくちゃ嬉しい出来事です。思ったよりも簡単に実装(Mips-Linux からの ポート)できました。

Linux-VR カーネルの CVS スナップショット
毎日午前4時にカーネルのスナップショットを作成するようにしました。
スナップショットはこちら からどうぞ。
また、最新の Linux-VR カーネルのソースツリーは ここから参照することができます。

Linux-VR 上で動作している http サーバ
高野さんが公開してくださっているページです。 Linux-VR 上の mhttpd で動作しています。 挫折の記録

Osprey の雄姿
NEC の vr4181 評価ボード Osprey 上で Linux-VR が動作している 様子の写真です。NEC US の方のご厚意で掲載してます。

Linux Conference 2000 携帯端末 BOF (2000/Apr./19)でのプレゼン資料
蛯原さん@hpcmipsのおかげで Linux-VR に関する発表をすることができました。 その時の発表資料です。
当日は、MagicPoint on X11 on Linux-VR on IBM WorkPad Z50 という 環境でセルフプレゼン(?)することができました。
mpg123 のデモもやりました。結構受けたと思います(^^)。

MGL2 が動き始めました。
hpcmips ではおなじみの、鈴木さんの MGL2 が動作を始めました。 取り急ぎスクリーンショットです。 MGL2バイナリ
現在 MC-R530, MC-R430では画面がずれて動きません。

動作確認済み周辺機器リスト
動作確認のとれた周辺機器(CF やネットワークカードなど)リストを 追加しました。お手元で動作確認がとれた周辺機器の情報をいただければ ここに追加していきたいと思います。

クロスコンパイルに関するTips
x86のPC上でLinux-VRのカーネルをコンパイルする ための環境を構築する簡単な方法を追加しました。

近況 -- X11 が動きました!
スクリーンショット

日本語での LinuxCE メイリングリストへのお誘い
Linuxce-jpメイリングリストへの入会方法などです。

リンク集
Linux-VR プロジェクトのホームページ
Source Forge の Linux-VR プロジェクトのページ (ここから最新のソースをゲットできます。)
BradさんのLinux-MIPSのページ Linux-VR 関連のページのほとんどはここからたどることができます。 リンクも充実しています。
Mikeさんのページクロスコンパイル環境の構築方法や、カーネルの再構築の 方法など、情報が満載です。
Linux-VR を包括した、WindowsCE マシンへ Linux を移植する開発者用 のメイリングリストです。流量は多いときで5/dayくらいです。購読をおすすめします。
JFBTERM == 多国語対応の /dev/fb ベース端末エミュレータ
NetBSD を WindowsCEマシンへ移植する hpcmips プロジェクト。 開発者の多くが日本人です。また移植の状況もかなり進んでおり、Linux-VR よりも安定していると思います。
ZetaLinux == Linux for Compact Environment
Linux - Small Kernel Project
MicroWindows Project
TinyX Project
CrossGCC FAQ
Tiny httpd -- 結構すごい
VR3 = Linux-VR的PDA -- 最高!!
XML+Kaffe+Linux = PocketLinux
PDA software suite with Linux -- GPLed!
X 上のソフトキーボード

テキストベースのWebブラウザ w3m
ガーベッジコレクタを実装した版です。いいっすよ。
Linux-VR 版 w3m バイナリ

サウンド関連のプログラム -- mipsel-linux用のバイナリです。
mpg123 -- MP3 プレイヤー
テスト用MP3ファイル -- 大和さん宅の駒鳥の声です。うーん、こんなきれいに鳴くのか...Thanks!

MP3音楽のフリーダウンロード
MP3.COM -- いろいろな種類のMP3音楽をダウンロードできます。
Neuro Net Recordings

ご意見・ご質問は: kawashima@iname.com までお願いします。


Google
Search WWW Search www.peanuts.gr.jp